FC2ブログ

新潟県を拠点に活動する中小企業診断士の日記です

シンダンシのひとりごと。

事業承継フォーラム2012【第四話】事業承継をあきらめない(個人商店における第三者承継の成功事例)

こんにちは。コアコンサルティングの土田正憲です。


引き続き事業承継フォーラム2012について書いていきたいと思います。

今日はパネルディスカッション2について。テーマは、「来るか、最高の巡り合わせ~第三者承継は、こうして成功した~」です。

このパネルディスカッションは2部構成でした。

まず第1部は、静岡市内の乾物店、蒲原屋の第三者承継についてです。

★蒲原屋ホームページ
http://www.kanbaraya.biz/
蒲原屋は、静岡県事業引継ぎ支援センターのサポートを受けて第三者承継を成功させました。

そのやり方は実にユニークです。

自店に後継ぎがいないことを公表し、無料で店を継がせるとして後継者を募集しました。公表にはテレビのニュースにも取り上げられたようで、フォーラムではそのVTRも流れました。

他方、起業支援機関が開催した女性起業家セミナーにおいて、決算書をはじめ店舗の内情をオープンにし、講義のなかで蒲原屋の売上げを上げるための方策を話し合うなどの取り組みが行われたそうです。このような取り組みの結果、後継者が決定しました。フォーラムでは後継者となった方も登壇されたのですが、しっかりとした口調のなかに気さくさを感じる女性でした。

代表の金子 武氏には3人の娘さんがいます。しかしながら、全員が嫁に行った、ということです。金子さんは言います。「後継者がいなくとも、あきらめてはダメ」と。そこにはお客様のために事業を続けなくてはならない、という使命感がうかがえました。

個人商店の第三者承継は非常に難しいものです。しかし、このケースでは、代表者の金子氏の理解と協力があったこと、そして、静岡県事業引継ぎ支援センターと起業支援機関との連携によって、独立・起業を考えている方との引き合わせがあったことが成功の要因としてあげられます。

今日はこのへんで。
第2部については後日書きたいと思います。
  1. 2012-10-25 11:35 |
  2. 事業承継
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0